周辺観光

  • 沿岸北部エリア
  • 沿岸南部エリア
  • 内陸エリア
  • 北山崎断崖クルーズ観光船

沿岸北部エリア

田野畑地域

[写真]北山崎

北山崎当館より車で15分

太古の時代に隆起した大地が広い太平洋に落ち込んでいく様は『海のアルプス』の名にふさわしい景観。 高さ200mもの断崖が約8kmに渡って連なっています。断崖の上には展望台があり、リアスの表情豊かな海岸美を間近に見ることができます。

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村北山地内

TEL:0194-33-3248(田野畑村総合観光案内所)

詳しくはこちら

[写真]鵜の巣断崖

鵜の巣断崖当館より車で25分

断崖の中腹にウミウの巣があることから名付けられました。展望台から眺めると5列に並んだ絶壁が圧巻。 松の色がその美しさを引き立てています。海岸沿いにある遊歩道は島越まで通じています。

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-10

TEL:0194-37-1211

詳しくはこちら

[写真]北山崎めぐり観光船

北山崎断崖クルーズ観光船
当館より車で10分

『海のアルプス』と呼ばれる北山崎をぜひ海側からも。弁天崎、矢越崎、北山崎へと約50分の就航。島越港を発着港に、太平洋の怒濤が作り上げた雄々しいパノラマが次々に目の前で展開し、船上ではウミネコの餌付けもできます。

詳しくはこちら

[写真]サッパ船アドベンチャーズ

サッパ船アドベンチャーズ
当館より徒歩で2分

北山崎の奇岩や岩穴の間を小型船でくぐりぬける爽快なクルージング。高さ200mの断崖を真下から仰ぎ見ることができます。【要予約】

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-10

TEL:0194-37-1211(体験村・たのはた)

詳しくはこちら

[写真]田野畑民族資料館

田野畑村民俗資料館
当館より車で10分

「田野畑村制施行101年祭」を記念して建てられたもの。いまから百数十年前に起きた我が国
最大の農民一揆とされる『三閉伊一揆』の資料を展示。その一揆を象徴する炎をデザインしたモニュメントが入り口付近にあり、一揆にまつわる文化遺産、また切り絵を用いての再現でその始終を肌で感じてもらえるような工夫をこらしています。

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村田野畑128-9

TEL:0194-33-2210

詳しくはこちら

[写真]思惟大橋コミュニティ公園

思惟大橋コミュニティ公園
当館より車で15分

昭和59年の思惟大橋の開通を記念して整備された公園。遊具施設などもあったり、ミニチュアサイズの橋が点在して、家族でも楽しめるユニークな公園です。斜張橋を渡るとフクロウなどの声も聞かれます。

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村菅窪地内

TEL:0194-33-3248(田野畑村総合観光案内所)

[写真]マレットカントリー明戸

マレットゴルフ場当館より車で3分

マレット(mallet)とは木槌のこと。このゴルフはゲートボール用のスティックによく似た専用のスティックとボールを使います。決められた場所からカップまで少ない打数で入れることを競う、ゴルフによく似たゲームです。
東日本大震災により流失した明戸地区のマレットゴルフ場の災害復旧工事が終了し、平成26年6月8日から営業を再開しました。

住所:岩手県下閉伊郡田野畑村明戸

TEL:0194-33-2816

詳しくはこちら

久慈地域

[写真]平庭高原スキー場

平庭高原スキー場当館より車で90分

東に太平洋、西に岩手山の雄大な眺めに恵まれたスキー場です。雪質は東北屈指のパウダースノー。ゲレンデは初心者から上級者まで滑れます。スノーボードも全面滑走可能。30万本の白樺林に守られているスキー場です。

住所:岩手県久慈市山形町来内20-13-1

TEL:0194-72-2944

詳しくはこちら

[写真]久慈琥珀博物館

久慈琥珀博物館当館より車で60分

緑の森に囲まれた国内唯一の琥珀博物館。館内はギリシャ神話で「太陽の石」といわれている琥珀をシンボリックにデザインした体験カプセルから始まり、琥珀の持つ不思議なパワーの体験ができる「琥珀リウム」、そして琥珀製の美術工芸品などの展示ギャラリーなどがあります。琥珀採掘、アクセサリー作りの体験教室もどうぞ。

住所:岩手県久慈市小久慈町19-156-133

TEL:0194-59-3515

詳しくはこちら

[写真]もぐらんぴあ

もぐらんぴあ

久慈国家石油備蓄基地のトンネルを利用した、日本初の地下水族館。東日本大震災の津波で全壊したものの、平成28年に営業再開。土日祝日は南部ダイバーや海女の素潜りの見学が可能です。

住所:岩手県久慈市侍浜町麦生1-43-7

TEL:0194-75-3551

詳しくはこちら

レトロ博物館伊助当館より車で60分

昔懐かしい生活用品やおもちゃのコレクションを展示しています。昔から現在までのおもちゃ約5000点。大きな郵便ポスト、アトム、ミニカーや他にも懐かしいものがところ狭しと並べられていて、ここだけのレトロな世界へタイムスリップ!

住所:岩手県久慈市中町2-5-6(やませ土風館/土の館内) 

TEL:0194-66-9200

野田・普代地域

[写真]アジア民族造形館

アジア民族造形館当館より車で50分

日本初のアジアの民族展示施設。アジア各地の建造物の他、野田村に残る200年ほど前の南部曲がり家を改築した展示館もあって、館内にはアジア各国の貴重な民族資料が陳列されています。野田焼き体験(要予約)もできます。

住所:岩手県九戸郡野田村大字野田6-75

TEL:0194-78-3252

詳しくはこちら

[写真]マリンローズパーク野田玉川

マリンローズパーク野田玉川当館より車で40分

名前にある「マリンローズ」は現在日本ではここ野田村の鉱山でしか採れない貴重な石です。現在ここで産出される鉱物は100種類を越えています。昭和62年からは採掘跡や構内諸設備などの一部を見学できるようになり、各国の宝石鉱物の展示物も見ることができます。

住所:岩手県九戸郡野田村大字玉

TEL:0194-78-2138

詳しくはこちら

[写真]黒崎周辺

黒崎周辺当館より車で20分

高さ150mから200mに及ぶ断崖が太平洋にほぼ垂直に落ち込んでいる黒崎。日本の灯台50選に選ばれた白亜の 「黒崎灯台」や、近づくとゆっくり回転を始める「北緯40度のシンボル塔」、また源義経の命によって建立されたと伝えられる「鵜鳥神社」などの見所が満載です。

住所:岩手県下閉伊郡普代村9-13-2

TEL:0194-35-2115(普代村観光協会)

詳しくはこちら

岩泉地域

[写真]龍泉洞

龍泉洞当館より車で40分

岩泉町は豊かな森と清らかな水に恵まれた町。その中にある龍泉洞は日本三大鍾乳洞のひとつ。奥から湧き出る清水が地底湖を作り、中でも第三地底湖は水深が98m、第四地底湖(未公開)は120mと日本一で、世界有数の透明度を誇っています。

住所:〒027-0501 岩泉町岩泉字神成1-1

TEL:0194-22-2566
FAX:0194-22-5005

詳しくはこちら

[写真]熊ノ鼻展望台

熊ノ鼻展望台当館より車で30分

小本海岸の南に突き出た赤松の茂る半島の形が熊の頭と鼻先に似ているところから『熊の鼻』と名付けられました。
青い海と松の古木が醸し出す独特の景観は一望の価値有り。熊の鼻先にあたる茂師海岸はアンモナイト等一億年前の貝化石の産地で有名です。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町小本茂師

TEL:0194-22-4755 (岩泉観光協会)

野田・普代地域

[写真]三王岩

三王岩当館より車で45分

田老湾沿いの北側にある3つの巨岩。通称男岩(高さ50m)の両側に、女岩、太鼓岩が寄り添うように立つ姿は圧巻です。
周辺は遊歩道が整備されていて、散策や磯遊びに絶好の場所になっています。

住所:岩手県宮古市田老字青砂里

TEL:0193-87-2973

[写真]浄土ヶ浜

浄土ヶ浜当館より車で60分

三陸のほぼ中央に位置する、宮古の代表的な景勝地。松の緑と岩肌の白、海の群青とのコントラストは見事。浄土ヶ浜の地名は天和年間に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(1727年没)が、「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられたと言われています。

住所:岩手県宮古市鍬ヶ崎第7地割字臼木32

TEL:0193-87-2973 

詳しくはこちら

[写真]岩手県立水産科学館

岩手県立水産科学館「ウォリヤス」
当館より車で60分

浄土ヶ浜の近くにある水産専門の科学館。岩手県の漁場の歴史や、伝統の水産業の姿も展示しています。陸中海岸の成り立ちや三陸の魚介の生態、漁民の間に伝えられた民話の資料も紹介していて、館の中央には海底1000mまでの海を形どった大ジオラマがあります。

住所:岩手県宮古市日立浜町32-28

TEL:0193-63-5353

詳しくはこちら

[写真]宮古市魚菜市場

宮古市魚菜市場当館より車で60分

寒流と暖流がぶつかり合う三陸は豊かな水産資源に恵まれています。ここ『魚菜市場』には、ウニ,アワビ、カキ、 ワカメ、サンマ、サケ・・・一年中とれたての海の幸がいっぱい。近郊農家のおばちゃんたちも自慢の野菜や漬け物等を売っています。約35店が出店。買い物をしながら宮古の人情と活気にふれあうのもこの市場の魅力。

住所:岩手県宮古市五月町1-1

TEL:0193-62-1521

詳しくはこちら

[写真]鯨と海の科学館

鯨と海の科学館当館より車で106分

東日本大震災で被災し、2017年7月15日、約6年半ぶりに営業再開。自然環境としての海、生命を育む海、人間とかかわる海、の3つのテーマで展開し、海を身近な視点、地球レベルの視点からとらえることができるよう構成されている。呼び物である世界最大級マッコウクジラの実物骨格標本展示を通して、ロマンあふれる鯨の世界を紹介しています。

住所:〒028-1371 岩手県下閉伊郡山田町船越7-50-1
TEL:0193-84-3985

詳しくはこちら

このページの先頭に戻る